社内の様子一覧

2017.07.13

2017年下期 実行計画研修

2017年下期の実行計画研修とプロジェクトチーム報告を行いました。
実行計画研修は年に2回、土曜日に一日かけて半期の実行計画を作ります。
  
冒頭に社長から、「未来の夢は自分が明確にイメージしない限り実現しない」とお話しがありました。
夢を実現させるために、現状を認識し、目的・重点方針・目標を設定し、施策を立てます。
半期の計画を立てる前に、上期の振り返りをしました。振り返りを行う事により、上期の反省を活かし、より良い施策が立てられたと思います。
  
後半はプロジェクトチームの報告会でした。
プロジェクトごとに上期の振り返りをし、課題の解決や問題点の改善、下期の新たな活動予定を報告します。
入社4ヶ月の私にも理解出来る、非常にわかりやすい説明でした。
今回出た意見によって、各プロジェクトがさらに良い活動になると思います。
  
作成した実行計画をもとに、目標に向けてPDCAを回し、下期も頑張っていきたいと思います。
  

2017.07.06

2017年度 上期評価面談

6月下旬、上期の評価面談が実施されました。

弊社の面談は、社長とマネージャーとの三者面談になります。
事前に人事考課表を作成し、それを基に面談を行います。
面談では、上期の自分を点数で評価すると何点か、また、なぜその点数なのか、社長に問われます。
  
私は3月に入社して、初めての面談でした。
社長との面談はとても緊張しましたが、事前に準備をしたおかげで、自分の考えや要望を社長に伝える事が出来ました。
  
自己評価点を100点に近づける為には何をするべきか、目標を設定し、達成出来るよう行動計画を立て、実行していきたいと思います。
  

2017.06.22

H28年度 産業廃棄物適正処理推進功労者知事褒賞授与式

この度弊社が、産業廃棄物適正処理推進功労者として、静岡県知事褒賞を受賞しました。
  
本褒賞は、産業廃棄物の減量化や再利用、これらの技術開発、不法投棄の防止など、産業廃棄物の適正処理の推進に功績を挙げた者に贈られます。
  
製紙業の盛んな富士地区では、以前は製紙の工程で排出される産業廃棄物(ペーパースラッジなど)はほとんどが埋め立てられていました。
弊社では商社としての知見とネットワークを活用して、排出事業者と収集・運搬・リサイクル業者をマッチングし、産業廃棄物の再資源化を図るビジネスモデルを構築し、展開しています。
その結果、富士地区での埋め立てはほぼなくなり、環境負荷を大きく低減することが出来ました。
また、産業廃棄物の収集・運搬や処分が適正に行われるよう、独自に適正処理のガイドラインを定め、関係者の法令遵守もサポートしています。
  
産業廃棄物を正しく処理し、環境を保全するため、弊社はこれからも「環境にも人にも優しい企業」であり続けたいと思います。
  
国立環境研究所のホームページもご覧ください。
http://tenbou.nies.go.jp/navi/metadata/95160
  

2017.06.01

合同講演会 経営革新への取り組み

静岡県東部生産性本部と静岡県東部経営品質研究会の合同講演会にて、弊社社長が「経営革新への取り組み」と言うタイトルで講演をしました。静岡県東部経営品質研究会では、日本経営品質賞の目的に沿った活動を進められていて、弊社が2016年度に経営革新奨励賞を受賞したための講演依頼でした。
  
講演の内容は下記の三点です。
Ⅰ. 日本経営品質賞とは
Ⅱ. 弊社概要
Ⅲ. 取り組みの内容
静岡県東部経営品質研究会の活動目的でもある「日本経営品質賞」について説明をしました。その後、弊社がなぜそれに取り組んだのか、その成果はどのようなものだったのかを発表いたしました。
  
講演会の後の交流会では、各企業の方々から個別に多くの質問をいただきました。
どの質問も具体的な内容が多く、自分達の会社をどのようにして良くしていこうかという強い熱意を感じることができました。
また、資料送付依頼の多く受け、経営品質に対する関心の高さが伺われました。
  
今回参加された企業の皆様も是非、日本経営品質賞に取り組んでいただき、静岡県東部の活性化につなげていって欲しいと思います。
  

2017.05.25

5月度 三木勉強会

弊社では、毎月第3木曜日に勉強会を開催しています。
  
今月のテーマは「AEDの使い方」です。
  
AED(自動体外式除細動器)とは、突然の心停止の原因になる不整脈に対して、心臓に電気ショックを与え、心臓に普段通りのリズムを取り戻す医療機器です。
  
今回は久保田さんをモデルにし、レクチャーを行いました。
(※実際には生きているのでやっているふりです)
まずは周囲の安全確認を行います。
続いて倒れている人の反応を確認し、反応がない場合は助けを呼びます。
AEDが到着するまでは胸骨圧迫・人口呼吸をし、到着後、音声ガイダンスに従ってAEDを操作していきます。
  
弊社にも設置してありますが、公共施設などでよく見かけます。
まだ実際に使ったことはありませんが、緊急の事態に遭遇したときに適切な応急手当ができるよう、日頃から応急手当を学び、身につけておきたいと思います。
  
  1 / 53  次のページへ
化学品・工業薬品のお問合せ
ISO認証取得

飯田工業薬品株式会社は環境問題に対し、真剣に考え取組むため、2004年9月にISO14001を認証取得いたしました。

会社案内

飯田工業薬品株式会社

電話 0545-33-0686

〒417-0002
静岡県富士市依田橋71-1
FAX:0545-33-0671
【ISO14001認証取得】

Webからのお問い合わせはこちら

ラブラドールブログ
社長ブログ

ページの先頭へ